【朝日杯FS】(4)ライトオンキュー 坂路で軽快、順調キープ

[ 2017年12月17日 05:30 ]

 ライトオンキューは軽快な脚取りで坂路を駆け上がった(4F73秒4)。藤野助手は「変わらず順調。使いつつ体もしっかりとして、稽古でも時計が出るようになってきた」と充実ぶりを伝える。前走は直線で窮屈になりながら、しぶとく伸びてV。枠番は4。「馬混みも気にしないし勝負根性は高い。内に有力馬がそろっているので、それを見ながら運べれば」と話した。

続きを表示

「根岸S(G3)」特集記事

「シルクロードS(G3)」特集記事

2017年12月17日のニュース