【朝日杯FS】ミスターX 気配良好プレミアムに逆らえない

[ 2017年12月17日 05:30 ]

 阪神11R・朝日杯FSはダノンプレミアムには逆らえない。前走・サウジアラビアRCが圧巻だった。5F58秒3のハイペースを2番手で運び、直線は早々と一人旅に。2着ステルヴィオが大外から迫るも抜かれるシーンはイメージできなかった。タイムは1分33秒0のレコード。同馬以外の1〜4番手で運んだ馬が全て10着以下に大失速する過酷なペースを難なく押し切ったのだから正直に評価せざるを得ない。

 中間の気配も良好でデビュー3戦目の上積みも十分に期待できる状態。過去2戦はやや重を走ったが、父ディープインパクトの素軽い走法が良馬場を苦にするとは考えづらい。前走のペースは体が覚えている。締まったラップを刻み続け、直線勝負を狙う他の有力勢には隙を与えない。馬単(1)から(2)(3)(5)(10)(12)(15)へ。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2017年12月17日のニュース