【さざんか賞】アンフィトリテ無傷連勝、寄られても根性見せた

[ 2017年12月17日 05:30 ]

 芝6Fの阪神9R・さざんか賞は1番人気のアンフィトリテ(牝=宗像、父ロードカナロア)の末脚がサク裂。デビューから無傷2連勝を飾った。

 直線では前がふさがりかけるシーンもあったが勝負根性と鞍上の腕で突き抜けた。ルメールは「(他馬に)寄ってこられたのも凄くいい経験になった。ラスト200メートルの瞬発力は手前も替わり加速した。千四までならこなせる」と涼しい顔で振り返った。次走は未定。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2017年12月17日のニュース