門別で競走取りやめ 発走時トラブルで不成立 カンパイ気づかず

[ 2013年5月23日 21:10 ]

 23日の門別競馬第5レース(1200メートルダート、10頭立て)は発走時のトラブルの影響で競走が取りやめとなった。

 1頭の馬がゲート内で立ち上がり、騎手が落馬。それにもかかわらずスタートが切られ、真正な発走ではないことから、カンパイ(競馬用語で発走のやり直し)の合図が出されたが、各騎手がこれに気づかずに全馬がゴール。競走能力に影響があるとして、レースをやり直さずに不成立となった。発売された馬券は全て返還となった。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2013年5月23日のニュース