【ダービー】メイケイペガスター 加速上々3馬身先着

[ 2013年5月23日 06:00 ]

末脚鋭く伸びたメイケイペガスター(左)の反撃が楽しみだ

 メイケイペガスターはCWコースでビスカヤ(7歳1600万)を5馬身追走してスタート。前半はハミをかみ行きたがるそぶりを見せたが、直線を向くと持ったまま外から並び掛ける。ラスト1FからはGOサインに鋭く反応。グンと加速し重心を深く沈み込ませ、あっさり3馬身先着した。「思った通りの調教ができました。最後の1Fだけ伸ばすという感じで、動きは凄くよかったです」と武助手。前走の皐月賞は最後方から上がり最速の末脚を繰り出して9着。「この前の競馬が距離が延びるここで生きると思います」と収穫を口にした。

 木原師が「(持ち味が)生きるも死ぬも折り合い次第」と話すように気性が最大の鍵。前走変えたハミをさらに変更するなど工夫を凝らしている。初の2400メートルにも「折り合いがつけば距離は大丈夫」と師は手応えをにじませていた。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館記念」特集記事

2013年5月23日のニュース