【ダービー】タマモベストプレイ 仕掛けにグイッと反応13秒0

[ 2013年5月23日 06:00 ]

坂路で豪快なフットワークを披露するタマモベストプレイ

 タマモベストプレイはこれまで通り、周りに馬が少ない後半の時間帯での追い切り。坂路単走で駆け上がると、調教役の南井助手の仕掛けにグイッと反応。時計のかかる馬場コンディションを問題にせず、4F55秒8~13秒0を刻んだ。南井助手の感触がいい。

 「先週、先々週と和田さんがしっかりやっているので、今週は気合をつける程度。今までで一番落ち着いている。この前より状態はさらに上向いてる感じ」

 前走・皐月賞が5着。その血統背景から距離延長が不安視されていたが、最後までしぶとく伸びて適性を示した。今回はさらに2F延びるも「折り合いに不安がない馬だし、大丈夫だと思う」と心配はない。南井師は「ここまで順調にきているのがいい。どこまでやれるか楽しみはあるよ」と期待を込めた。金曜に東京競馬場に輸送して、土曜にスクーリング。万全の仕上げを施して、頂上決戦で“ベストプレイ”をみせる。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館記念」特集記事

2013年5月23日のニュース