【ダービー】武との最強“キズナ” ディープ思い出す鬼脚&強心臓

[ 2013年5月23日 06:00 ]

坂路併せ馬で武豊を背に追い切られたキズナは力強い動きを見せて余裕の先着

 父子制覇へ、キズナが万全の態勢を整えた。「第80回日本ダービー」(26日、東京)の追い切りが22日に美浦、栗東両トレセンで行われた。栗東では重賞連勝中のキズナが主戦の武豊を背に坂路で4F54秒3。ラストはいっぱいに追われ1F12秒4と抜群の伸びを見せた。武豊はキズナの父ディープインパクト以来となるダービー5勝目に向け、意欲満々。なお、同レースの出走馬、枠順は23日に決定する。

【ダービー】

 父譲りの末脚は、たとえ調教であっても隠しきれない。キズナの追い切りは坂路でウォーターパーク(3歳未勝利)との併せ馬。残り200メートル手前で武豊の手が動くと、青鹿毛の馬体が躍動した。

 大きなフットワークで併走馬を置き去りにし、ラスト1Fは12秒4と出色の伸び。「動きは良かった。素晴らしい。一戦一戦成長している。パワーアップして、切れも磨きがかかっている」。鞍上が並べた称賛の言葉が、今の出来を物語る。

 毎日杯、京都新聞杯を連勝。ともに届かないかという位置から桁外れの末脚を繰り出した。父は武豊とのコンビで3冠を達成したディープインパクト。ダービーは5馬身差の圧勝だった。「ディープの子供で出られるのはうれしい」。産駒3世代目で初めて同産駒とのコンビで臨む頂上決戦。ダービー4勝の名手は特別な思いを口にした。

 キズナは父同様に破壊力満点の末脚が武器。武豊は「走るフォームや背中の感触。父の遺伝子を受け継いでいるのを感じる」と話すが、それだけではない。「度胸が据わったところがあって、スタートが近づくにつれてレースに集中してくる珍しい馬」と精神面の特長も強調した上で、こう付け加える。「ディープもうるさかったが、スタート直前が一番おとなしかった。そういうところも似ている」

 心身ともに偉大な父を彷彿(ほうふつ)させるとあれば、府中で最高のパフォーマンスを期待するのも当然だ。距離はもちろん左回りも初めてだが、「決して右回りが上手という感じではない」とのジャッジ。佐々木師も「右手前を多用しているので、左回りは合うと思う」と歓迎している。

 ダービーの父子制覇はこれまで7組が達成しているが、父子ともに同じ騎手が手綱を取った例はない。「追い切りまでは万全。悔いのないレースをして、勝ちたい」と武豊。8年の時を越え、キズナが飛ぶ。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2013年5月23日のニュース