【ダービー】マイネルホウオウ 変則2冠へ猛烈11秒9!

[ 2013年5月23日 06:00 ]

NHKマイルCの覇者マイネルホウオウ(手前)は気合の3頭併せ

 マイネルホウオウが中2週と思えない火花が散る最終追い。坂路のスタート地点。前のコスモソーク(3歳未勝利)とチョコタクン(同)は8馬身以上も前にいた。だが、残り1F。鞍上・柴田大のゴーサインが出ると、一気に抜き去って置き去りに。4F50秒2~1F11秒9。抜群の切れで、強行軍の懸念を一掃した。

 柴田大は「2頭を追ってしまい伸ばす。予定通りの稽古ができた。NHKマイルCもいい状態だったが、それと変わらない出来」と報道陣を前にキッパリ。畠山吉師も「ラスト1Fが11秒台。とてもいい動きだった」と目を細め、さらに「ここ数戦で一番走った割に反動もなく、体の回復も早かった」と感服だ。

 試練は一気の4F延長。しかし、鞍上は自信をつかんでいる。「ここにきて、折り合えるようになった。スプリングSの頃は折り合いに慎重になりすぎていたが、それでも3着。今やれば、勝ち馬(ロゴタイプ)ともっと際どかった」。

 初騎乗となった昨年コスモオオゾラ(6着)に続く参戦の柴田大は「僕も自信を持って乗れるし、馬もG1を勝って自信をつけてくれたと思う」と全幅の信頼を寄せる。キングカメハメハ、ディープスカイに続く変則2冠達成の瞬間は、刻一刻と近づいている。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館記念」特集記事

2013年5月23日のニュース