【川崎マイラーズ】6歳スマートジョーカーが重賞初挑戦初V

[ 2013年5月23日 06:00 ]

 遅咲きの新星誕生だ。南関重賞「第5回川崎マイラーズ」が22日、川崎競馬場で行われ、船橋・川島一厩舎生え抜きの6歳スマートジョーカーが重賞初挑戦初制覇。昨年6月の自己条件戦からの8連勝で1番人気に応えた。

 道中は中団。4角で4番手まで進出すると、直線半ばでピエールタイガーをアッという間にかわして2馬身半抜け出した。「これから先がまた楽しみ」と2週連続重賞Vの御神本。川島一師も「4角で勝ったと思い、直線は安心して見ていた。気持ちいい勝ち方」と笑顔だった。

 ◆スマートジョーカー 父サウスヴィグラス 母チアリーダー(母の父アサティス)牡6歳 船橋・川島正一厩舎所属 馬主・大川徹氏 生産者・北海道新ひだか町のグランド牧場 戦績26戦17勝 総獲得賞金5659万円。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2013年5月23日のニュース