せんだみつお 浅田真央さんに「“ナハバウアー”やって」

[ 2019年12月7日 12:44 ]

 タレントせんだみつお(72)が7日、ニッポン放送「徳光和夫 とくモリ歌謡サタデー」(土曜前5・00)にゲスト出演した。

 「徳さんの千客万来」のコーナーに招かれたもので、2人が知り合ったのは1973年の日本テレビの伝説的バラエティー「金曜10時! うわさのチャンネル」で共演したのがきっかけ。11月15日に行われたプロレスラー、ザ・デストロイヤーさんの追悼公演でも2人は顔を合わせている。

 せんだは今年6月にフリーアナウンサー生島ヒロシ(72)が会長をつとめる「生島企画室」に所属。生島からは「出し惜しみをして、寸止めしなさい」と忠告されているそうだが、トークではビートたけし(72)や矢沢永吉(70)、高倉健さん(享年83)、丹波哲郎さん(享年84)ら交友のあるスターの知られざる素顔を暴露。

 「芸能界は運と縁とタイミング。来週のゲスト・浅田真央さんには、ぜひとも“ナハバウアー”をやって頂きたい」とエールを送っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月7日のニュース