海老蔵、勸玄くん出演直訴に「うれしい」 秋元康氏脚本・演出「雪蛍恋乃滝」

[ 2019年12月7日 05:30 ]

初春歌舞伎の記者懇親会で「ハッピー・バースデー」の曲が流れ、照れる市川海老蔵(中央)とはしゃぐ市川ぼたん、堀越勸玄
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(42)が6日、都内で「初春歌舞伎公演」(来年1月3~24日、東京・新橋演舞場)の記者懇親会を開いた。海老蔵は「雪月花三景」で長女の市川ぼたん(8)、「神明恵和合取組 め組の喧嘩」で長男の堀越勸玄(6)と共演。勸玄は、秋元康氏(61)が初めて歌舞伎の脚本・演出に挑む「雪蛍恋乃滝」への出演も直訴。海老蔵は「多分出るでしょう。親父としてうれしい」と相好を崩した。

 来年5月に十三代目市川團十郎白猿を襲名。「名前が変わるからといって、人が変わるわけではない」と気負いはない。この日が誕生日で、2人の子供が「ハッピー・バースデー」を歌いケーキが登場するサプライズ。ぼたんからは手編みのマフラーを贈られ、勸玄は「お誕生日会で渡すから秘密」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月7日のニュース