さんま 新庄氏&松坂大輔から感じた“現役を続ける意義”「何回も辞めたいと思ったけど…」

[ 2019年12月8日 00:20 ]

明石家さんま
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの明石家さんま(64)が7日放送のMBS「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。現役復帰を宣言している新庄剛志氏(47)と、14年ぶりに西武へ復帰した松坂大輔(39)について語った。

 野球通で知られる「モーニング娘。’19」の牧野真莉愛(18)から、新庄氏について尋ねられるとさんまは「トライアウトに挑戦されるのか、でも47では無理じゃないかとおいらは思うな」とコメント。それでも「もしトライアウト受かったら格好いいよな。オールドルーキーというよりかは、カムバックやな。海外のボクサーなんかは年取ってからよく復活するもん」といい「新庄さんを取ることでムードメーカーになることはあるから、欲しいチームはいると思うな」と分析した。

 続いて松坂の話題に移ると「本当に野球好きなんやろうな」とひと言。「例えば我々の世界もそうやけど、世間から引退勧告されても『笑いが好きなだけなんです!』と言ったら誰も口出せない」といい「おいらも何回も辞めたいと思ったけど、結局笑いが好きやねんな」と自身と重ねて現役を続けることへの意義を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月7日のニュース