小柳ルミ子 謝罪なし沢尻被告へ「カメラが怖いのだろう。だが…」

[ 2019年12月7日 10:19 ]

小柳ルミ子
Photo By スポニチ

 歌手の小柳ルミ子(67)が6日に自身のブログを更新。合成麻薬MDMAを所持したとして麻薬取締法違反の容疑で逮捕された女優・沢尻エリカ被告(33)にメッセージを送った。

 この日、小柳は「沢尻被告 釈放で感じた事」のタイトルで投稿。「報道陣には全く姿を見せる事なく、走り去った。私は、正面から堂々と出て来て、心の底からの謝罪の言葉を聞きたかった」と書いて「憔悴し切っているのだろう。カメラが怖いのだろう。世間に顔向け出来ないのだろう」と心境をくみ取った。

 その上で「だが、彼女の無責任な行いで、一体どれだけ多くの人達が大迷惑を被っているか、考えた事ありますか?大河のスタッフ、キャストの皆さんの怒り、苦しみを思うと、可哀想で可哀想で胸が張り裂けそうです。どれだけ辛くても、自分が引き起こした事。本当に反省の気持ちがあるのならば、カメラの前で示して欲しかった」と思いをつづり「まだまだ若いのだから、やり直す時間は沢山あります!どうか頑張って下さい!」とエールを送った。

 また、その後もブログを更新し、「私はむしろ釈放された時こそチャンスだったと思う」と書いて「彼女によって苦労を強いられた大勢の方々の怒りを少し緩和出来るチャンスだったと」と持論を展開。「謝罪 お礼 感謝の意は1分でも1秒でも早い方が良い」とつづった。

 続けて「まだまだ若いのだからやり直すチャンスは幾らでもある」と呼びかけ「貴女の本当の力が試されるのはこれからですよ」と言葉を送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月7日のニュース