岡田健史「ドクターX」ゲスト出演 「中学聖日記」鮮烈デビューから1年

[ 2019年10月31日 05:30 ]

11月7日放送の「ドクターX」第4話にゲスト出演する岡田健史
Photo By 提供写真

 若手人気俳優の岡田健史(20)が、11月7日放送のテレビ朝日ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜後9・00)第4話にゲスト出演する。昨年10月期のTBS火曜10時ドラマ「中学聖日記」でデビュー。初々しさと真っすぐな視線にくぎ付けになる視聴者が続出した。

 「ドクターX」では在京キー局制作のゴールデン帯(午後7~10時)初出演となる。突然の病に侵された日本陸上短距離界のエースという役どころで、米倉涼子(44)演じる大門未知子と対面。思わず「大門先生だ…」と感動し「今まで出演したゲスト患者の中でも印象に残る存在でありたい」と意気込んで収録に臨んだ。米倉は「いい意味で最近の若者にはない圧力を感じました」と感心した。

 ◆岡田 健史(おかだ・けんし)1999年(平11)5月12日生まれ、福岡県出身の20歳。高校卒業後、芸能事務所入り。デビュー作となったTBS「中学聖日記」は演技未経験ながらも大抜てきだった。趣味は筋トレ、映画観賞。1メートル80、血液型O。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月31日のニュース