櫻井翔、Jr.時代のカツアゲ被害を告白 大野智が“見逃された”理由は…

[ 2019年10月31日 22:38 ]

嵐の櫻井翔
Photo By スポニチ

 嵐の櫻井翔(37)が31日放送のTBS「櫻井・有吉THE夜会SP」(木曜後9・00)に出演。ジャニーズJr.時代に街でカツアゲに遭ったと告白した。

 番組には嵐の大野智(38)と二宮和也(36)がゲスト出演。サプライズ“密告”ゲストとして、嵐のメンバーと同時期にジャニーズ入りした屋良朝幸(36)が登場した。

 ジャニーズJr.時代の思い出に話が及ぶと、屋良が「ジュニアあるあるなんですが、街でカツアゲに…。15歳当時(櫻井)翔くんもリハーサル前に街をプラプラしていて」と告白。

 スタジオ共演者の島崎和歌子(46)が「チーマーとか流行った時代?」と聞くと、屋良が「そうです。金出せって言われて、怖いから出して…。その時は渋谷から舞浜まで行かなくてはいけなくて、翔くんが“すいません。今から電車乗るので電車賃だけください”と。そうしたら見事にビンタされて」と語った。

 櫻井は「覚えている。渋谷で待ち合わせしていて、急に怖い兄ちゃんに“金出せ”って。それで“電車乗るので電車賃はください”って言ったら、ビンタじゃなくてぶっとばされたよ」と衝撃被害を告白した。

 大野は「当時ジュニアで3人で一緒にいて。僕の隣にいたヤツが絶対にカツアゲに遭うんですけど“お前も出せ”って言われて…。僕は丸い小さな小銭袋の財布しかなかったから“お前はいい。とっとけ”って…」と見逃されることに。話を聞いた島崎は「かわいそうだと思われたんだね」と反応し、MCの有吉弘行(45)ら共演者の笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月31日のニュース