「ドクターX」出演の岡田健史、業界関係者にもファンが多い理由とは

[ 2019年10月31日 23:58 ]

米倉涼子演じる大門未知子と対面シーンの岡田健史
Photo By 提供写真

 人気若手俳優の岡田健史(20)。出演が決まったテレビ朝日「ドクターX」第4話(11月7日後9・00)の撮影では「大門未知子さんだ!」と思わずつぶやいて、あこがれのドラマの撮影に臨んでいる喜びをのぞかせた。

 昨年10月期のTBS「中学聖日記」で俳優デビュー。演技初挑戦で主演有村架純(26)の相手役という大役を担い、端正な顔立ちと初々しさでお茶の間の女性視聴者の心をつかんだ期待のホープだ。

 テレビ業界やマスコミ関係者にもファンが多い。一度、仕事をともにすると顔をしっかり覚えていて、再会すると自分から「あの時はありがとうございました」と丁寧にあいさつ。撮影現場では終了後に、カメラマンの機材の片付けを手伝うなど、どの現場でも飾らず、さりげない優しさをうかがわせる言動が好印象を残している。

 「ドクターX」は「中学聖日記」以来の地上波全国放送。身近に接する人たちもその魅力を認める中、人気作でどんな姿を見せるのか注目が集まっている。(記者コラム)

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月31日のニュース