今井了介氏「被災地支援に活用できたら」 新サービスのアプリ「ごちめし」発表

[ 2019年10月31日 19:14 ]

新サービス「ごちめし」のローンチ発表・体験会に出席した今井了介氏
Photo By 提供写真

 音楽プロデューサーの今井了介氏(47)が31日、都内で行われた新サービス「ごちめし」のローンチ発表・体験会に出席した。

 同サービスは、スマートフォンアプリを通じ、遠隔地からでも他人に食事をごちそうできるサービス。今井氏は、「食」を通じた新しいコミュニケーションや価値観を提案するGigi(ジジ)株式会社の代表取締役を務めており、今サービスも自身が発案した。

 イベントでは「“個人の想いを届ける”ということが、この『ごちめし』アプリを立ち上げる当初の主眼だったのですが、被災地の皆さんへの支援や社会問題を解決するためにこのアプリを活用したいと思っていただける人が増えてくれれば嬉しいです」と決意を語った。

 「来年は東京オリンピックイヤーとなり、これから日本の立ち位置が世界に問われる時代になっていく中で、『ごちめし』は多くの人の未来を照らせるようなアプリケーション、プラットフォームになれればと思っています」と力を込めた。

 同サービスは、きょう31日からスタート。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月31日のニュース