小泉孝太郎、主演作品について「父はすべて見てくれて…」

[ 2019年8月28日 11:09 ]

小泉進次郎衆院議員の結婚を受け笑顔で会見する兄の小泉孝太郎(撮影・郡司 修)             
Photo By スポニチ

 俳優の小泉孝太郎(41)が28日、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月~木曜前8・30)にゲスト出演。父親の純一郎元首相について語った。

 俳優としての経歴を振りながら、出演作品について「父はおそらく全て見てくれていますね」。番組パーソナリティーの伊集院光(51)が純一郎氏の過去のインタビュー記事を見て、孝太郎が俳優になる決意を伝えた際は、「戸惑ったけど…」と語っていたと突っ込むと、最後は「『やりたいことなら、しょうがない』と言ってくれました」と背中を押してくれたことを明かした。

 孝太郎によると、純一郎氏は家族に対して「政治家になりなさい」と勧めたことは一度も無いという。「僕にも(弟の)進次郎(衆院議員)にも言ったことが無い」と強調し、口癖は「自分がやりたいことをやりなさい」だった。

 しかし、進次郎氏は同じ道を進んだため、「父はショックだったでしょうね」と気遣う一幕も。孝太郎が俳優になりたいと思ったのは「幼稚園の頃から」だとも語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月28日のニュース