祝!寅さん50年 山田監督、第50作は「出来上がったら不思議な映画に」

[ 2019年8月28日 05:48 ]

「寅さんファン感謝祭」に出席した(左から)倍賞千恵子、山田洋次監督、佐藤蛾次郎
Photo By スポニチ

 渥美清さん主演の人気映画シリーズ「男はつらいよ」の第1作が公開されて50年に当たる27日、「祝!50周年寅さんファン感謝祭」が都内で開かれ、山田洋次監督(87)倍賞千恵子(78)佐藤蛾次郎(75)が出席した。

 第1作の4K版が上映され、50年前の初日は新宿の映画館にいたという山田監督は「お客さんがよく笑っていて、この光景を一生覚えていかなければいけないと思った」と述懐。第50作となる「男はつらいよ お帰り 寅さん」が12月27日公開で、「出来上がったら僕自身が不思議に思う映画になった。渥美さんが幻影のようで、改めて彼にしかない独特の魅力を感じた」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月28日のニュース