遺産相続額におぎやはぎ小木「うちは凄くない」、相方・矢作「お前が言うのは失礼」

[ 2019年8月28日 13:21 ]

「おぎやはぎ」矢作兼
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明(48)が28日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)で、家族の遺産について「うちは凄くないですよ」と述べた。

 番組では、“紀州のドンファン”こと和歌山県の資産家、野崎幸助氏(享年77)について特集。30億円ともいわれる遺産をめぐり、きょうだいが遺言書の無効を主張していることを伝えた。

 話の流れで、MCで俳優の坂上忍(52)は、相続権を有する側の心理について「苦労して働いて得たお金っていうのと(は違って)、何か知らないけど自分の直接的なお金じゃないのにポーンとある一定額がきたら、いろいろ考えるよね」と小木に同意を求めた。

 小木は「考えますよ、それは」と同調。さらに坂上から相続額について、「でも、小木君のところだって凄いんじゃない?」と突っ込まれと、「いや、全然凄くないですよ。全然もう…そんな…いやいやいや」と言葉を詰まられながら必死に否定した。

 この反応には、相方の矢作兼(47)も「お前が『凄くない』って言うのは失礼だけどな」と冷静にコメントし、笑いを誘った。

 小木は2006年に歌手・森山良子(71)の長女・奈歩さん(47)と結婚。義理の弟はシンガー・ソングライターの森山直太朗(43)で、その妻はピアニストの平井真美子。良子の離婚した元夫は、ミュージシャンのジェームス滝。歌手の故かまやつひろしさん(享年78)は良子の従兄。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月28日のニュース