読売テレビ・大橋新社長が新社屋で初会見 芸能事務所との関係「圧力や忖度は、社内で聞いたことない」

[ 2019年8月28日 16:39 ]

初めて社長会見に臨んだ読売テレビ・大橋善光社長
Photo By スポニチ

 読売テレビの大橋善光新社長(65)が28日、同社の新社屋(大阪市中央区)で初の会見に臨み「(新社屋という)質実剛健な番組を作る工場ができた。これを使いこなさなければ」と意欲を語った。会見ではジャニーズ事務所、吉本興業など芸能事務所とテレビ局の関係について質問されたが「芸能事務所からの圧力や忖度などは、社内で聞いたことがありません」と否定した。

 同局の新社屋では9月1日の午前5時59分から放送を開始。2日から同局制作アニメ「名探偵コナン」(土曜後6・00)のオリジナル映像「コナン時報」が正午、午後3時など1日4回、1階ロビーに設置された372インチ(約9・45メートル)の大型ビジョンで時間を告げる。さらに同14~16日にはロビー横「10hall」で“リアル脱出ゲーム×名探偵コナン「紺青の美術館からの脱出」”を開催する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月28日のニュース