爆問・太田 N国・立花氏のMX突撃は「イジメ」 民放各局の“傍観”に苦言「不自然」

[ 2019年8月28日 12:53 ]

爆笑問題の太田光
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ、爆笑問題の太田光(54)が27日深夜放送のTBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」(火曜深夜1・00)に生出演。TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・00)でタレントのマツコ・デラックス(46)に「侮辱された」として3週連続で押しかけ、抗議を続けている「NHKから国民を守る党」の立花孝志党首(52)について「あれはイジメ」と痛烈に批判した。

 トーク中、「ただ、許せないのは、立花なんだよな」と切り出した太田。「数字がないとかさ…」と自身への指摘に愚痴りつつ「また行ったらしいよ、マツコのところ。暴力団だよ、アイツのやってること。立花さ、脅しだよ、お前のやってることは。やめろよ、そういうの、本当に。イジメじゃねーか」とまくし立てた。さらに「マツコはしゃべりたくないっつってんだから、それを無理やり出させて、それで『ほら見ろ。しゃべれないでしょ』みたいなことを言うのはさ、もう男としてどうかと思うよ、俺はアイツ」と批判を続けた。

 そのうえで、「俺がここまであいつにムキになるのかって言うと、立花が言ってることは、テレビに対する文句なんですよ。つまりNHKに限らず、民放の全ての局に対して文句言ってるんですよ」と太田。「そこに出てる奴らも、スポンサーから何から、全部『権力の犬だ』って言ってるわけ。結局、俺はそこにカチンと来てるんですよ。俺は全然、テレビを諦めてないから、今も。これからもそうだから。そんなこと言われたらたまったもんじゃない。許せない」と主張した。

 立花氏が3週連続でMXへ押しかけたことに関して「各局取り上げていない」という事実にも言及。「俺の個人的な意見ですよ、俺は犬だからね」と前置きしたうえで「公の党の党首がで一番人気の、一番数字持ってるマツコ・デラックスの番組に、マツコの個人的なことを言うために行ってるんですよ。『決して法律には触れてない』って言うかもしれないけど、あれ、大事件ですよ。テレビに対する挑戦だと思っているから、あれを各局が取り上げないっていうのは、やっぱり俺から見ても不自然なんですよ」と指摘。「全民放でゴールデンで数字持ってるから、どの局だってマツコ様様でやっているわけで。そのマツコが攻撃されている時に『傍観すんの?』って俺は思うのね」と苦言を呈した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月28日のニュース