武田鉄矢出演の“赤いきつね”CMがギネス世界記録に認定「まさかこんな日が来るとは」

[ 2019年8月28日 12:29 ]

「赤いきつねのTVCM ギネス世界記録 公式認定証授与式」にゲストとして出席した武田鉄矢
Photo By スポニチ

 俳優の武田鉄矢(70)が出演する東洋水産「マルちゃん 赤いきつねうどん」のテレビCMが28日、「同じ俳優を起用したTVCMを最も長い間放送し続けている商品」として、ギネス世界記録(TM)に認定されたことがわかった。武田はこの日、ギネスワールドレコーズジャパンで開かれた公式認定証授与式にゲストとして出席し、「まさかこんな日が来るとは思いませんでした」と喜びを語った。

 昨年、発売40周年を迎えた同商品のイベントで武田は「今後も世界ギネス記録を取るまでがんばりたい」と発言。それをきっかけに東洋水産が記録取得に動き出したという。「何かと話では、ギネスみたいなやつと言ってみたんですが、世界一に立てるとは思ってはみませんで」としみじみ。「下世話な言い方なんですが、貴重な収入源なんで。ちょっとでもスポンサーさんに甘えたつもりで、長いことお世話になっています」と笑った。

 1978年、同商品の発売当初からイメージキャラクターを務めている武田は、今年で42年目。これまでに出演したCMは200本以上。79年の「戦車編」、81年の「ターザン編」、89年の「ナポレオン編」など、武田がさまざまなキャラクターに扮して、日本国内のみならず、米国やメキシコ、エジプトなどでも撮影が行われた。

 また、これまで、キャラクターを背負ってきたことについて「週刊誌ごと、まずいんですね。気にするんですよね」とイメージを壊さぬように気をつけてきたと明かした。

 今後は「覚悟はしているんですよ。じじいになってきているんで…。年齢がにじみでてきたら、首をあらってきれいにして2代目の方に譲ろうかな」と話すが、「お力になると褒めてくださるんでしたら、その限りにおいてのウイニングランをやりたい」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年8月28日のニュース