キンプリ高橋 少女漫画家デビュー 主人公は自分!友人は岸優太

[ 2019年4月5日 04:00 ]

ついに念願の少女漫画家デビュー!ポスターの前で「ベツコミ5月号」を持ち笑顔を見せるKing&Princeの高橋海人
Photo By 提供写真

 King&Princeの高橋海人(20)が少女漫画家デビューする。12日発売の「ベツコミ 5月号」(小学館)に14ページの読み切り漫画「僕のスーパーラブストーリー!!~王子と男子は紙一重!?~」を掲載。7月からは月刊連載にも挑戦する。

 小学生の頃から少女漫画が大好きで「アイドル兼少女漫画家」が夢だった。昨年4月から同誌で連載企画「アイドル、ときどき少女まんが家。」をスタート。漫画家にインタビューを行って漫画の描き方を学び、その集大成という形でデビューが決定。「まさか自分が作る側に回るとは思っていなかった。まだ夢見心地です」と笑顔を見せた。

 少女漫画で恋愛を学んだ主人公が、人生初の告白に挑戦する物語。「自分が漫画の中に出たらこうなるだろうなと思って描きました」と、自分自身をモデルに創作。主人公の相談に乗る友人は、同じグループの岸優太(23)をモデルにした。1年前から構想に着手し、同誌連載作家のアドバイスを受けながら仕事の合間を縫って3カ月で描き上げた。

 7月13日発売の「ベツコミ 8月号」からは、グループの活動やジャニーズでの日常を描いた新連載もスタート。「携帯のメモに、メンバーの面白い言動を書きためている。そこから引き出していって、キンプリの良さや、他のジャニーズの方との関わりの良さを伝えていきたい」と意気込みを語った。

 単発の企画ではなく、連載作家として夢をかなえた高橋。「(出版元の)小学館に来ると“先生”と呼ばれるので、恥ずかしい」と照れ笑い。次の目標は自作のアニメ化、映画化。「アニメだったら声は自分で、映画だったら主人公を自分でやりたい」と胸を膨らませた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年4月5日のニュース