100回目朝ドラ「なつぞら」、歴代ヒロイン続々登場 主演の広瀬すず「気持ち分かります」

[ 2019年3月25日 08:00 ]

NHK連続テレビ小説「なつぞら」でヒロインを演じる広瀬すず
Photo By 提供写真

 広瀬すず(20)が主演するNHK連続テレビ小説第100作「なつぞら」が4月1日にスタートする。

 「なつぞら」には、かつての朝ドラヒロインが続々と登場する。発表されているのは「おしん」(83年)の小林綾子(46)、「純ちゃんの応援歌」(88年)の山口智子(54)、「ひまわり」(96年)の松嶋菜々子(45)、「どんど晴れ」(07年)の比嘉愛未(32)と「ちりとてちん」(07年)の貫地谷しほり(33)の5人。広瀬は「ここまで濃密で長い朝ドラを撮り終えた後の達成感を思うと、歴代の方々が“戻りたい”と思う気持ちが既に分かります」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月25日のニュース