大浦龍宇一、寺田理恵子アナの長女とゴールイン 22歳の年の差婚

[ 2019年3月25日 17:11 ]

俳優の大浦龍宇一
Photo By スポニチ

 俳優の大浦龍宇一(50)が25日、自身のブログを更新。3月22日に結婚したことを明かした。

 お相手は“ひょうきんアナウンサー”としても親しまれた元フジテレビ、現在はフリーの寺田理恵子アナ(57)の長女ゆりえ(28)。現在はシンガーソングライターとして楽曲提供などの仕事をしている。

 ブログのタイトルは「大切なご報告」。冒頭で「ファンの皆様、関係各者の皆様へ いつも支えてくださってありがとうございます。桜色の大切な報告をさせてください」と春らしい華やかな言葉で切り出した。

 続いて夫人の紹介をすると「歳の差は22歳も離れているのですが、かけがえのない人生の相棒として、これからの道を息子ともに一歩一歩大切に歩んでいきます」と、年の差婚であることや、前妻との間にできた愛息・主之和(すのわ)くんと3人で生活していくことを明かした。

 大浦は今後の目標として「人生に授かった相棒と小さな幸せに気づき、時間を積み重ね、ステップアップファミリーとして、3人で幸せを掴みたいと思います」と吐露。最後は「息子と妻。新しい家族3人をこれからもあたたかく応援してくだされば幸せです」と、ファンや関係者に向けメッセージを送っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月25日のニュース