“バブリーラッパー”TOMORO、マレーシアで3200万円強盗被害 交際中の加藤紗里と訪問

[ 2019年3月25日 05:30 ]

TOMOROがマレーシアで強盗被害にあい奪われた純金ネックレス(本人提供)
Photo By 提供写真

 バブルキャラでバラエティー番組にも出演する実業家兼ラッパーのTOMORO(32)が旅先のマレーシアで約3200万円の強盗被害に遭っていたことが24日分かった。

 TOMOROは今月中旬、交際中のタレント加藤紗里(28)や友人と同国クアラルンプールを訪問。旧知のタイ人女優の紹介で外交官を名乗る男らと知り合い、男の車で郊外のレストランに行き食事した。カジノ資金1200万円と計2000万円相当の腕時計、ネックレスは車の収納に入れた。

 食後に車に戻ったところ、突然警察官数人が現れ「パスポートを見せて」と要求されたという。宿泊先にあると伝えると、加藤とともにパトカーに乗せられた。ホテルの部屋でパスポートを取り、階下に向かうと、金品を積んだ車とパトカーが消えており、食事した男とも連絡が取れなくなったという。

 現地の警察と日本大使館に被害を届け出ており、現在も捜査中。現地は治安が悪く、同様の事件が多いといい「若い時から危ない目や詐欺にもあったけど、その中でも最悪」と怒りをぶちまけ「皆さんも気をつけて」と呼び掛けた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月25日のニュース