広瀬すず「母性がダダ漏れ」 100回目朝ドラ「なつぞら」で初の母親役

[ 2019年3月25日 08:00 ]

NHK連続テレビ小説「なつぞら」のヒロインを務める広瀬すず(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 4月1日スタートのNHK連続テレビ小説第100作「なつぞら」に主演する女優の広瀬すず(20)が、初の母親役を演じる思いを明かした。アニメーターを志すヒロインは、やがて結婚して母親になる設定。自身が大の子供好きだけに「私の中にある母性的なものがダダ漏れになりそう」と、胸をときめかせている。

 「まだ子供が生まれた時の台本が完成しているわけじゃないので、細かいことは分からないんですけど、早くそのシーンが来ないかと、今から一番ワクワクしています」と黒い瞳をキラキラさせる。

 物語のスタートは1946年の夏。戦争で両親を失った主人公(広瀬)が北海道・十勝で育ち、やがて上京。アニメーションの世界に挑み、そして、結婚し出産する。

 「私自身が子供が大好きなので、楽しみなんです」と満面の笑み。今月6日に行われた試写会で、主人公の少女時代を演じる粟野咲莉(8)と対面した時の思いを「私が産んだんじゃないか!?と思うくらい可愛くて仕方なかった」と明かすほどの子供好き。ドラマでの我が子とのシーンは「母性本能ダダ漏れ」の名演になりそうだ。

 昨年6月のクランクイン以来、朝ドラに没頭する毎日。基本的に月曜から金曜まで朝ドラの撮影に費やし、土曜と日曜はCM撮影など別の仕事をこなしつつ、朝ドラのセリフを覚えることで過ごす。事実上無休の過酷な状況だが、制作スタッフは「広瀬さんはどんなに疲れていても、いつもニコニコしている」と明かす。

 広瀬は「感情を出さないようにはしていますね。家族といる時でも、あまり出したくないタイプなんです。ただ、お母さんと1対1になると、お母さんに対してストレス発散しちゃうことはあります」と笑う。

 朝ドラ自体のエネルギーに支えられている部分もある。

 「会う人、会う人、みんなから“朝ドラ、楽しみにしています”と言われます。あらためて朝ドラファンの多さを実感しました。そうやって応援してもらえるから濃密なスケジュールでも“頑張ろう”と思えます」と力強く語る目に既に“母の強さ”が宿っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月25日のニュース