霜降り・粗品 大阪杯は「R―1賞金で大勝負」 気になる馬は…

[ 2019年3月25日 11:48 ]

霜降り明星・粗品
Photo By スポニチ

 M―1、R―1二冠の霜降り明星・粗品(26)は25日、大阪・ミナミのなんばグランド花月でJRAのG1「大阪杯」(31日、阪神競馬場)のPRイベントに出演し「R―1の賞金50万円で大勝負する」と宣言した。

 粗品は関西テレビ「うまンchu」でレギュラーを務め、競馬好きとして知られている。今回、ミサイルマン、アキナ、ミキらと「G1大阪杯PR隊」に就任した。粗品は昨年12月には最年少で「M―1グランプリ2018」に優勝。その時の賞金500万円のうち50万円を年末のG1「有馬記念」で菊花賞馬キセキにつぎ込み、5着に敗れた。

 「有馬で50万円持って行かれた。今年も競馬の成績は全然ダメ。1回も当たってない。プライベートでは腹立つぐらい負けてます」と惨敗続きの現状を嘆き「今回、大阪杯で大勝負します。取り返したい」と「R―1ぐらんぷり2019」の優勝賞金500万円を使ってリベンジに挑む。買い目については「キセキ?気になってますよ。買わないで来たら腹立つし」と迷っているようだ。

 同じくPR隊に就任したミキは4月から東京へ進出。先輩のミサイルマン・西代洋(38)から「大阪杯のPR隊やのに、大阪を捨てて東京へ進出するんやろ?」とイジられ、兄の昴生(32)が「大阪、捨てるんちゃうわ」と大声で弁明し、笑いを誘った。弟の亜生(30)が「大阪の代表で行くんです」とフォロー。粗品も「東京へ行きます」と東京進出を明かし「大阪を捨てるんじゃなく、大阪を盛り上げるために(東京へ)行くんです」と相方のせいや(26)が答えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月25日のニュース