爆笑問題・太田光がアニメ声優挑戦 相方・田中にライバル心むき出し「負けたくない。圧勝したい」

[ 2019年3月25日 12:40 ]

映画「おしりたんてい カレーなる じけん」の公開アフレコと取材会に出席した(左から)齋藤彩夏、「爆笑問題」の太田光、三瓶由布子
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(53)が25日、都内で行われた映画「おしりたんてい カレーなる じけん」(4月26日全国公開)の公開アフレコと取材会に出席した。太田は「え~っ、こんなにいんの~?」とイチロー(45)の引退会見登場時のリアクションを真似して、会場を沸かせた。

 太田はゲスト声優として、ちょっぴり影のありそうな「アルパチ」というキャラクターの役を演じた。日本のセルアニメの声優は初挑戦という太田だが、16日から公開されている映画「プリキュア」でゲスト声優を務める相方の田中裕二(54)を意識して「変なヤツが声をやってるプリキュアとかいうアニメ。そいつだけには負けたくない。圧勝したい」と敵意をむき出しにした。

 すでに一人で収録を終えたという太田は、きょうはおしり探偵役の三瓶由布子(33)、助手のブラウン役の齋藤彩夏(30)とともにアフレコに挑戦。台本通りに台詞を言えなかったり、タイミングが合わなかったりと苦戦した太田。初めて太田と共演した齋藤は「どんな感じかなと思っていたがおうわさ通りの方でした」と笑い、三瓶は「予想を超えたパワフルなアルパチだった」と感想を述べた。「僕だけ仲間はずれでさみしかった。こうやってご一緒できるのはうれしい」と喜び、「来年のアカデミー賞はこれで獲る」と意気込んだ。また、アルパチをレギュラーにしてもらって「3人でまたやりたい」とも熱意を示した。

 また同作は29年ぶりに復活する子供向け映画をまとめて上映した「東映まんがまつり」の一作品として上映。太田は「子供の頃、大好きだったので光栄です」とし、「最近はアニメが難しくなっていて、子どもが気楽に見られる東映まんがまつりが復活するのはうれしい」と喜んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月25日のニュース