【今夜3月25日のひよっこ2】第1話 みね子&ヒデは慎ましい新婚生活 すずふり亭の今後は…

[ 2019年3月25日 10:00 ]

「ひよっこ2」第1話の1場面。慎ましい新婚生活を送るみね子(有村架純)と秀俊(磯村勇斗)(C)NHK
Photo By スポニチ

 女優の有村架純(26)がヒロインを務めた2017年前期のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の続編「ひよっこ2」(全4話)が25日、スタートする。1年半ぶりの復活で、午後7時半からの30分枠で月~木曜の4夜連続放送。

 1970年(昭45)秋、みね子(有村架純)と秀俊(磯村勇斗)は、あかね荘で慎ましい新婚生活を送りながら、すずふり亭で働いている。いつか2人の店を持つことが夢だ。一方、奥茨城村。美代子(木村佳乃)君子(羽田美智子)きよ(柴田理恵)が「母の会」を開催。高子(佐藤仁美)が加わった角谷家の現状に大笑いする。そして、赤坂。省吾(佐々木蔵之介)と愛子(和久井映見)が、すずふり亭の今後について話し合っていた。

 「ひよっこ」は朝ドラ通算96作目。「イグアナの娘」「最後から二番目の恋」などで知られる岡田惠和氏(60)が「ちゅらさん」(01年前期)「おひさま」(11年前期)に続く朝ドラ3作目となるオリジナル脚本を執筆。東京五輪が開催された64年(昭39)から始まり、出稼ぎ先の東京で行方不明になった父・実(沢村一樹)を見つけるため茨城から集団就職で上京した“金の卵”谷田部みね子(有村)が、さまざまな出会いを通して自らの殻を破って成長し、小さな幸せを大切に暮らしていく姿を描いた。

 続編は、みね子と秀俊の結婚から2年。70年秋、2人が働く洋食屋「すずふり亭」がある東京・赤坂と奥茨城村を舞台に、愛すべきキャラたちのその後が描かれる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月25日のニュース