「ひよっこ2」タイトルバック一新“みね子を探せ”主要キャラがミニチュアに!大阪万博や月面着陸も表現

[ 2019年3月25日 05:00 ]

一新された「ひよっこ2」のタイトルバック(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の有村架純(26)がヒロインを務めた2017年前期のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の続編「ひよっこ2」が25日、スタートする。1年半ぶりの復活となり、午後7時半からの30分枠で月~木曜の4夜連続放送。ミニチュアの世界が話題を呼んだタイトルバックが一新された。

 「ひよっこ」は朝ドラ通算96作目。「イグアナの娘」「最後から二番目の恋」などで知られる脚本家の岡田惠和氏(60)が「ちゅらさん」(01年前期)「おひさま」(11年前期)に続く朝ドラ3作目となるオリジナル脚本を執筆。東京五輪が開催された1964年(昭39)から始まり、出稼ぎ先の東京で行方不明になった父・実(沢村一樹)を見つけるため茨城から集団就職で上京した“金の卵”谷田部みね子(有村)が、さまざまな出会いを通して自らの殻を破って成長し、小さな幸せを大切に暮らしていく姿を描いた。

 続編は、みね子とヒデ(磯村勇斗)の結婚から2年後の70年(昭45)秋、2人が働く洋食屋「すずふり亭」がある東京・赤坂と奥茨城村を舞台に、愛すべきキャラクターたちのその後が描かれる。

 「ひよっこ」のタイトルバックは、お菓子の缶や瓶をビルの街並みに“見立てる”などしたミニチュア写真家の田中達也氏の世界に、CGアニメーターの森江康太氏が動きをプラス。60年代の日本の風景をポップに表現した。

 続編が決まった際の心境は「絶対、続編があると思っていたので『やはり来たか!』と。折角なら是非タイトルバックも変えたいと思いました」(田中氏)「またあのメンバーでもう一度作品を作れるのかと思い、うれしくなりました。『ひよっこ1』よりも更に良いものにできたらと思い、制作に打ち込みました」(森江氏)

 続編のタイトルバックは「2年後の話ということで、その2年間に世の中で起こった大阪万博や月面着陸、ひよっこの世界の中で暮らす人々の日常や風景などを“見立て”で表現しています。前回のひよっこのオープニングより更にドラマに沿った内容になっていると思います」(田中氏)。「すべてのカットに何かしらの『遊び』を盛り込みました。特に主要な出演者の方はほぼすべて、どこかしらにミニチュアで登場し、更にミニチュアアーティストの田中さんもこっそりいます。何度見ても飽きない映像に仕上げましたので、是非楽しんでください!」(森江氏)と呼び掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年3月25日のニュース