元AKB48永尾まりや ロボットのメイドに扮した長編VRドラマが話題

[ 2019年2月15日 22:54 ]

14日にPSVRで配信が開始された「ハナビ」での好演が注目の永尾まりや
Photo By 提供写真

 元AKB48の女優、永尾まりや(24)がロボットのメイドに扮して注目の長編VR(仮想現実)ドラマ「ハナビ:HANAtypeB」。14日からPlay Station VRで配信され、話題を呼んでいる。

 プレイヤーの選択によってさまざまなシチュエーションが高画質映像で展開されるのが特長。上原一翔(26)演じる恋愛下手な主人公ケンジと恋を知らないヒューマノイドハナビの恋の行方にドキドキだ。

 目を引くのは、グラビアでも人気の永尾のメイド服姿。セクシーな魅力を振りまいて、主人公がやってほしいことを何でもしてくれるメイド・ハナビを好演している。

 360度カメラでの撮影に「カメラが近くて恥ずかしかった」と振り返る。「ロボットだけど、ケンジに対する口調が変わる。そこも見どころの一つです」とPR。永尾をより近くに感じられる作品になった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年2月15日のニュース