【明日2月16日のまんぷく】第115話 過労で倒れる福子 鈴が住み込みで手伝うことに…

[ 2019年2月15日 13:00 ]

連続テレビ小説「まんぷく」第115話。体調を崩し寝込む福子(安藤サクラ)(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の安藤サクラ(32)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「まんぷく」(月〜土曜前8・00)は2月16日、第115話が放送される。

 過労で倒れた福子(安藤)はしばらく「まんぷくラーメン」の製造を休むことに。この緊急事態に、タカ(岸井ゆきの)の許しを得た神部(瀬戸康史)が名乗りを上げる。文句を言いながら鈴(松坂慶子)も再び、立花家に引っ越して、住み込みで手伝うことになった。世良(桐谷健太)が確保した売り出す舞台は大阪老舗の大休百貨店の一角。どうにか福子の体調も戻り、目標の量産を終え、いよいよ発売となる!

 朝ドラ通算99作目。大河ドラマ「龍馬伝」、フジテレビ「HERO」「ガリレオ」「海猿」などのヒット作を手掛けた福田靖氏のオリジナル脚本。インスタントラーメンを生み出した日清食品の創業者・安藤百福(ももふく)氏と、その妻・仁子(まさこ)さんの半生をモデルに、戦前から高度経済成長時代の大阪で明るくひたむきに生き抜く今井福子(安藤)とバイタリティーあふれる実業家の夫・萬平(長谷川博己)の波乱万丈の物語を描く。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年2月15日のニュース