木竜麻生 オーディション選考理由に「昭和顔でよかった」

[ 2019年2月15日 05:30 ]

2018年(第73回)毎日映画コンクール表彰式 ( 2019年2月14日 )

スポニチグランプリ新人賞の木竜麻生はブロンズ像を手に喜びのあいさつ(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 【スポニチグランプリ新人賞】スリットが入った黒いワンピース姿の木竜は「監督はじめ、スタッフやキャストの皆さんがここに導いてくださった」と初々しくスピーチ。一生に一度の新人賞をしっかり物にしただけに喜びも格別だ。

 対象作の「菊とギロチン」は関東大震災後の大正期が舞台。女相撲一座と、アナキスト集団の若者たちが交錯して展開する青春群像劇。木竜は女相撲一座に入り、強くなって自立を目指す「花菊」を体を張って演じ、高く評価された。

 同作品で日本映画優秀賞を受賞した瀬々敬久監督(58)もステージ上に呼ばれ「素朴で昭和顔が良かった」とオーディションで選考した理由を明かすと、木竜も「こういう顔で良かった」と笑わせ「相撲というなかなかさせてもらえない役を与えてもらったのは貴重な経験でした」と続けた。

 昨年出演したもう1本の映画「鈴木家の嘘」も高い評価を得て、今後が大いに期待される逸材。「やらなきゃいけないこと、勉強しなきゃいけないことが多い。誠実に一つ一つ丁寧にやっていきたい」と観客の前できっぱりと誓った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年2月15日のニュース