高橋ひかる 初ハワイでご満悦「いいことしかなかった」一緒に行きたい相手は?

[ 2019年1月22日 11:13 ]

「JTBついてる!Hawaiiキャンペーン記者発表会に出席した高橋ひかる
Photo By スポニチ

 女優の高橋ひかる(17)が22日、都内で行われた「JTBついてる!Hawaiiキャンペーン記者発表会」に出席。ハワイの魅力をアピールした。

 JTBのイメージキャラクターを務める高橋は同キャンペーンのCMにも出演。11月に行われた撮影で、初めてハワイを訪れた。「初日にダイヤモンドヘッドに登らせてもらった」とし、「360度の景色で、すごくきれいで、ハワイが一望できてすごい素敵な場所でした。ハワイってこんなにも素敵な場所だったんだって、伝わればいい。(ハワイは)文句なし、いいことしかなかった。ハワイに行ったら何でもできちゃう。(今回の旅で)すごい刺激をたくさんいただいた」とニッコリ。

 キャンペーン名にかけて“最近あった、ついていること”を聞かれた高橋は「初詣でおみくじを引いたら大吉で、お仕事もうまくいくって書いてあった。今年はこのJTBのハワイキャンペーンのPRもしっかり頑張って、女優としても頑張って、成果を挙げたい」と笑顔を浮かべた。

 ハワイにプライベートで行くとしたら、一緒に行きたいのは「お母さんとお姉ちゃんとお父さん」と高橋。「親孝行したい。しっかり働いて、恩返ししたい」と話した。

 イベントでは、高橋とともに、BSスカパー「シンデレラの冒険」(31日後8・00)に出演するお笑いトリオ「パンサー」の尾形貴弘(41)、アーティストの杏沙子(24)も登場。ハワイロケの思い出を聞かれた尾形は「ハワイに初めて行ったんです。パワーストーンをみんなで買って、仕事にもしていくんですけど、スベりすぎた時にこれが割れたんです。守ってくれたんです」と笑顔。普段は南アフリカでも現地集合と芸人の苦労を自虐的に話すも、「ハワイはご褒美ロケ。痛いことしなくていい。最高よ。こんないいロケないよ」と力説。「絶対また行くでしょ、この3人で!」とアピールするも、高橋は「3人で?」とちょっと困惑気味の表情を見せ、笑わせた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年1月22日のニュース