「ミス着物」&「水の天使」に谷桃子さん 日テレ内定、報道記者&キャスター目指す

[ 2019年1月22日 05:30 ]

第51回ミス日本コンテスト2019 ( 2019年1月21日    東京・新宿 京王プラザホテル )

<ミス日本コンテスト>ミス着物と水の天使の2冠に輝いた谷桃子さん(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 今年4月に日本テレビに入社することが決まっている谷桃子さん(22)が「ミス着物」と「水の天使」の2冠に輝いた。夢はニュースを取材して届ける報道記者&キャスター。同局の情報番組「news every.」に出演することが目標で「多くの方が“ながら見”している時間帯に、的確な取材とリポート技術で、番組に皆さんの視線をくぎ付けたい」と夢を膨らませた。

 マスコミ関係の仕事を目指し、大学3年生の時にフジテレビのアナウンススクールに入学。17年11月からはBSフジ学生キャスターとしてニュースの原稿読みにも挑戦した。つきっきりで指導を受けたのが元同局アナウンサーで現報道局の阿部知代氏(55)。言葉の扱い方一つ一つをみっちりとしごかれたという。

 その後アナウンサーの入社試験に挑戦するもかなわなかった。「今回、ミス日本に挑戦したのはアナウンサー試験のリベンジでもありました。自分を表現することができる数少ない機会なので勇気を出して応募しました」と明かす。今後はミス着物として世界に日本の美しさを伝える役割を、水の天使として社会に水への意識を高める役割を、それぞれ担っていく。「人前に出る機会が増えてMCのような仕事もあると聞いています。(就職先の)日本テレビとも相談してスケジュールの都合もついているので精いっぱい務めます」と笑顔で語った。

 「テレビの報道記者はカメラの前でリポートすることがたくさんあります。そんな時には私のアナウンス技術もきっと役に立つはずです」と目には自信をみなぎらせる。持ち前の積極性と発信力を武器に「取材」も「的確に伝えること」も得意な記者&キャスターへ夢高く突っ走る。

 ◆谷 桃子(たに・ももこ)1996年(平8)4月19日生まれ、東京都出身の22歳。慶大法学部在学中。中高と女子校で登山部に所属。山に魅了され、南北アルプスなど標高3000メートル級の山々に挑戦。高校時代には学生新聞の記者も務めた。趣味はボルダリング、ピアノ。特技はコーヒーの味利き。1メートル70、血液型AB。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年1月22日のニュース