内村光良「笑う犬」ミル姉さん 紅白で久々復活「フジの偉い人たちが出ていいって」 

[ 2018年12月31日 21:17 ]

<紅白歌合戦>熱唱するAKB48(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 平成最後となる「第69回NHK紅白歌合戦」(後7・15)は12月31日、東京・渋谷のNHKホールで行われ、1998〜99年に放送されたフジテレビのコント番組「笑う犬の生活―YARANEVA!!」などでウッチャンナンチャンの内村光良(54)が扮したメス牛「ミル姉さん」が復活した。

 11回目出場のAKB48が「恋するフォーチュンクッキー」を披露。来年4月にグループを卒業するHKT48の指原莉乃(26)がラスト紅白でセンターを務め、花道を飾った。歌唱前には「きょう紅白楽しみたいと思います」と語り、タイのBNK48との紅白初共演に万感の表情を浮かべた。

 総合司会の内村がミル姉さんに扮し、客席通路に。“恋チュン”ダンスを踊った後で「指原放牧 がんばれ」と書かれたボードを掲げてエールを送った。

 出番を終えたミル姉さんはNHK「LIFE!〜人生に捧げるコント〜」の公式ツイッターに動画で登場。「お久しぶり、ミル姉さんよ〜。ビックリした?紅白出ちゃった、私。フジテレビのね、偉い人たちが『いい』って。『出ていい』って言ってくれたの。会場行ったらね、若い子、私のこと知らなかった。ちょっと悲しかった。じゃあ、また、どっかで会いましょう。もういっぱいいっぱい」と自虐し、笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月31日のニュース