米津玄師“紅白出場激怒”報道否定のサザンに感謝「恐縮」ラジオで曲「嬉しかった」

[ 2018年12月31日 14:30 ]

サザンオールスターズの桑田佳祐
Photo By スポニチ

 大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」(後7・15)に出演するシンガー・ソングライターの米津玄師(27)が自身のツイートで、“紅白出場に激怒報道”を否定したサザンオールスターズに感謝した。

 一部のネットメディアが米津の紅白出場に大物歌手、業界関係者が激怒しているという内容の記事を配信。記事内にサザンオールスターズの名が挙がっていた。

 サザンオールスターズが30日に公式ツイッターで「米津さんの出演に、大激怒!?なんて文言をWeb見かけましたが、逆ですよー」と否定。「ラジオでも桑田さんは、数年前から絶賛しながら曲をかけています」と米津の才能を称え「チーム一同おめでとうございますです。今年の紅白を一緒に盛り上げましょう」と呼び掛けていた。

 米津はサザンのツイートに反応。「数年前Flowerwallをラジオでかけてもらったとき、まさかそんなことが!とめちゃくちゃ嬉しかったのを憶えてます。とても恐縮です。ありがとうございます!」と感謝した。

 今年の紅白でサザンオールスターズは番組ラストに紅白の枠を超えた“究極の大トリ”として登場。デビュー曲「勝手にシンドバッド」と名曲「希望の轍」の2曲を歌う。米津は白組として出場。米津がテレビで歌うのは収録を含め初めてで、生出演も初。故郷・徳島からの生中継で今年最大のヒット曲「Lemon」を披露する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月31日のニュース