YOSHIKI 史上初の紅、白組の両方で出場!上半身裸でドラム→赤ジャケットでピアノ

[ 2018年12月31日 20:40 ]

<紅白歌合戦>HYDE(右)との共演を終えると赤い衣装をまといながらピアノに向かうYOSHIKI(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 平成最後となる「第69回NHK紅白歌合戦」(後7・15)は12月31日、東京・渋谷のNHKホールで行われ、ロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKI(年齢非公表)が史上初めて紅、白組の両方で出場。15、16番目と続けて登場し「YOSHIKI VS YOSHIKI」の超異色の対戦を繰り広げた。

 白組としてはL’Arc―en―CielのHYDE(年齢非公表)を客演ボーカルに迎え「YOSHIKI feat.HYDE」で初出場。「Red Swan」をドラム演奏し、途中から上半身裸になった。

 HYDEは歌唱前に「69回、ロックじゃないですか。最高じゃないですか」と語った。

 YOSHIKIは続けて紅組としては英歌手サラ・ブライトマン(58)を客演ボーカルに迎え「YOSHIKI feat.サラ・ブライトマン」で初出場。首のサポートを外し、赤のジャケットを羽織り「Miracle」をピアノ演奏した。

 無事2曲を終えると、ピースサインを作り、笑顔だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月31日のニュース