ももクロ玉井、高城 「モノノフ」勝谷誠彦氏の通夜参列「私たちを天国から応援してくれると思います」

[ 2018年11月28日 20:44 ]

勝谷誠彦氏のお通夜に参列したももいろクローバーZの玉井詩織(左)と高城れに
Photo By スポニチ

 この日亡くなった勝谷誠彦氏を「かっちゃんパパ」と呼んでいたももいろクローバZの玉井詩織(23)、高城れに(25)がお通夜に参列し、お別れした。

 番組で共演したのがキッカケで知り合い、勝谷氏はももクロの大ファン「モノノフ」になった。12年冬にはさいたまスーパーアリーナで開催されたライブ「ももいろクリスマス」にも応援に行った。大きなライブにも足繁く通っていたそうだ。また、イベントにも出演。“かっちゃんパパ”が父親役を務めたこともあった。

 玉井は「テレビでは辛口。でも、会うと毎回、頑張ってるかと声をかけて頂いた」。高城も「いつもニコニコしていて、周りの人が“こんな勝谷さん、見たことがない”と言ってました。それが誇らしかった」と懐かしそうに振り返った。

 「今年5月の10周年のライブにも来てくださった。お元気そうだった。成人したら焼き鳥屋さんに飲みに行こうと言ってたのに」と玉井は目を潤ませた。高城も「信じられないです。東京ドームのライブにまた来るからねと言ってくれてたんですよ。天国へ旅立ったけど、私たちを天国から応援してくれると思います」。「これからも私たちを見守ってくれると思います」と玉井は締めくくった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年11月28日のニュース