TBS社長 イッテQやらせ騒動は「他人事ではない」

[ 2018年11月28日 15:56 ]

TBS社屋
Photo By スポニチ

 TBSが28日、東京・赤坂の同局で定例社長会見を行い、佐々木卓社長(58)が日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)での“やらせ疑惑”報道について言及した。

 佐々木社長は一連の騒動について「他人事とはせずに我々も視聴者の皆さんの期待を裏切ることはあってはいけないというが鉄則」と私見。「演出の方法では、さまざまな工夫や事情があるんですが、期待と信頼に応えることが番組作りの鉄則、視聴者の皆さんをがっかりさせるようなことをしてはいけない。他人事ではなく肝に据えてやっていきたい」と気を引き締めた。

 局としての対応については「今回の騒動を受けて新たに何かをしたというわけではない」とし、「社長の立場として、(現場に)声を掛けるとすれば、『他山の石にして、しっかりやっていこう』『これまでもやっていること(コンプライアンス遵守)を気を引き締めて継続していこう』と声をかけます」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年11月28日のニュース