アルケミスト・こんや 競泳でパラ五輪目指し練習中 12・2日本選手権出場

[ 2018年11月28日 19:48 ]

「アルケミスト」のこんやしょうたろう(左)と井尻慶太
Photo By スポニチ

 2人組音楽ユニット「アルケミスト」のこんやしょうたろう(42)と井尻慶太(42)が28日、都内で行われた「第47回ベストドレッサー賞」の授与式に登壇。生まれつき左腕の肘から先がないこんやが競泳でのパラ五輪出場を目指して練習を重ねていることを明かした。

 こんやは「2020年にパラリンピックがあるじゃないですか・インタビューで聞かれるたびに生まれ変わったらスポーツ選手になりたいと答えていたんですけど、死ぬときにスポーツ選手になりたいと思いながら死ぬのは悲しいなと思って。せっかくなのでチャレンジしようと思って。42歳なんですけど、10代、20代の選手と混じって、パラ目指して頑張ってやっているところです」と告白。「12月2日に日本パラ水泳選手権大会があるんですけど、その標準記録を切りまして、大会に出場します」と明かすと、場内から大きな拍手が送られた。

 「アルケミスト」は積水ハウスのテレビCMなどを担当している人気ユニット。こんやはボーカルを担当しており、最後は「選手の中では歌がうまいほうだと思う」とおどけていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年11月28日のニュース