登坂広臣 自身初ソロツアーのさいたまSA公演開催 同じくソロツアーの今市隆二から刺激

[ 2018年11月28日 21:31 ]

さいたまスーパーアリーナで公演を行った登坂広臣
Photo By 提供写真

三代目 J Soul Brothersのボーカル登坂広臣(31)が28日、自身初のソロツアーのさいたまスーパーアリーナ公演を行った。

 8月にスタートし、来月23日まで全23公演で20万人を動員予定。ライブ構成、照明、映像、衣装など全てセルフプロデュースしており「より自分の個性が見られるステージになっていると思います」と手応え。伸びやかな歌声で「FULL MOON」や「DIAMOND SUNSET」などを披露した。

 グループで相方のボーカル、今市隆二(32)もソロツアーを開催中。「今市のライブを見て、改めてお互いの個性がいい意味で全く違うことを再認識しました。お互いにソロツアーをつくる上で相談などはしませんでしたが、同じグループのボーカリストでこんなにも違いが出ることは凄いなと思いましたし、彼のライブには彼の良さがたくさん詰まっていて感動しました」と刺激を受けた様子だった。

 来年以降に向け「この成長したパワーをグループ活動に費やして、新たなパワーとエンターテインメントをつくって行きたい」と意気込んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年11月28日のニュース