マッチ 私生活でも黒柳徹子からムチャ振り すし屋で「しゃぶしゃぶ食べた〜い」

[ 2018年8月1日 17:12 ]

黒柳徹子
Photo By スポニチ

 歌手の近藤真彦(54)が1日、腰痛治療で休養中の大竹まこと(69)の代役として文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」(月〜金曜後1時)のパーソナリティーを務めた。

 この日のゲストは近藤の“芸能界のお母さん”とも言える黒柳徹子(84)。2人はこの16年間ずっと1カ月に1度は食事する仲で、「これまで何食一緒に食べたか分かりません。相当な数食べています」と近藤。先日は「おすし屋さんの個室を予約していた」ところ、黒柳が急に「しゃぶしゃぶが食べたい」と言い出したため「おすし屋さんにしゃぶしゃぶを取り寄せて食べました」とのエピソードを披露した。

 近藤の子供は黒柳を「トットちゃん」と呼んでいるそうで、親子ともども、黒柳は母のような存在だという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2018年8月1日のニュース