綾瀬はるか関東地区で首位 上半期CM出稿量、関西・名古屋はトリバゴ女優

[ 2018年8月1日 17:40 ]

女優の綾瀬はるか
Photo By スポニチ

 ビデオリサーチ社が1日、民放5局を対象とした2018年上半期(1月〜6月)のタレント別テレビCM出稿動向を発表した。

 関東・関西・名古屋3地区の民放5局を集計。タレント別テレビCM出稿ランキングは、関東地区で女優の綾瀬はるか(33)がトップに輝いた。関西・名古屋地区は「トリバゴジャパン」の「トリバゴ」CMに出演する女優ナタリー・エモンズ(年齢非公表)が首位。地区により差が出た。

 関東地区首位の綾瀬は、サッカーワールドカップでの「コカコーラ」をはじめ「全日本空輸」「SK―2」のCMが大きく寄与し、昨年8位から巻き返した。また、大きく躍進したのは3位の俳優・竹内涼真。「ソフトバンク」「味の素」を中心に出演が増え、昨年60位からの大幅ランクアップとなった。

【関東地区のタレント別CM出稿量(秒数)ベスト10】

(1)綾瀬はるか (2)濱田岳 (3)竹内涼真 (4)桐谷健太 (5)斎藤工 (6)菅田将暉 (7)上戸彩 (8)松田翔太 (9)出川哲朗 (10)ナタリー・エモンズ

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2018年8月1日のニュース