菊地亜美、挙式は夫の“地元”大阪で「そこはだんなさんを立てたい」

[ 2018年8月1日 17:42 ]

桂由美氏のブライダルショーに登場した菊地亜美
Photo By スポニチ

 タレントの菊地亜美(27)が1日、大阪市内でデザイナー桂由美氏(86)のブライダルショーにゲスト出演した。2月に5歳年上の一般男性と結婚。今秋に予定している挙式を前に、純白のウエディングドレスとあでやかな打掛姿を披露した。

 同ショーへの出演が決まる前から、桂氏に自身の式本番のドレスを依頼するつもりだったという菊地。ショーでの着用ドレスも、桂氏から「典型的な日本女性なので奇抜なものは必要ない。ハイウェストでスラリと、袖にボリュームをつけて腰が細く見えるデザインにした」とポイントを聞き、「直々にコーディネートしていただけて夢みたい」と感激した。

 夫にも試着の際に撮った写真を見せたといい、「“カワイイ!”と言ってくれました」とのろけた。また、本番前に何度も仕事でウエディングドレスを着ているため「当日の感動薄れてない?」と心配されたというが、「全然そんなことない」とアピールした。

 挙式は「10月中旬に大阪のホテルでやります。招待しているのは160人」と説明。夫が大阪在住・勤務で「ちゃんと仕事を頑張ってる人。東京でやるって言ったら、“女に合わせてるのかよ”と思われそうで、そこはだんなさんを立てたい」と、大阪で行う理由を話した。

 また、「当日は桂先生がイイと言ってくださるものを着たい!」とブライダル界の大御所に全幅の信頼。桂氏も、「お色直しを2回やりたいと言っている。こういう人が芸能界にまだ居たんだ」と喜んでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2018年8月1日のニュース