東貴博のセレブな日常生活とは…メッセ黒田 本物志向の焼肉店で戸惑う

[ 2018年8月1日 23:35 ]

MBSテレビ「メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?」に出演する(左から)東貴博、あいはら雅一、小芝風花、黒田有
Photo By スポニチ

 MBSテレビ「メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?」(木曜後11・56)のゲストに東貴博(48)、TKO・木下隆行(46)、月亭八光(41)が登場。東がセレブぶりを発揮する。

 オープニングで、東が大阪での仕事を順調に増やしていることが話題に上がり、八光が「問題ですよ。大阪の安いギャラまでもらいに来る」と批判。東は「みんなギャラで仕事してんの?」。メッセンジャー・黒田有(48)が「じゃあ何で仕事してんねん」と突っ込むと「ボランティア精神」と答え、東が総攻撃を受ける。

 最初に盛り上がったのは「100万円以下のマイホームを買って大丈夫なのか」。セルライトスパの大須賀健剛(34)に間もなく子供が誕生。そのためにマイホームを探す企画だが、100万円以下の物件となると、プラスポイント、マイナスポイントがたくさん。1軒目は大阪から3時間の兵庫県香美町にある“家の中でトレジャーハンティングが楽しめるお屋敷”。築94年の2階建て7DKで、蔵付きだが、八光が「そんなん聞いたことない」と驚くほどの欠点がある。

 2軒目は大阪・豊中市にある3K納戸付きの2階建て物件。阪急庄内駅から徒歩10分。徒歩5分でショッピングセンターもあるという好条件。VTRを見ていた黒田も「めっちゃいい。俺、買おうかな」と検討する。3軒目は大阪から3時間かかる広島・呉の緑に囲まれた6DKの日本家屋。徒歩10分で海。さらに150坪の畑とミカンの木もあるという破格の値段だが…。

 別のコーナーではセレブ芸能人・東の日常生活を、貧乏育ちの黒田が体験。東の地元・浅草で高いだけでなく1ランク上の本物志向のお店を紹介する。1軒目は、元巨人監督の原辰徳氏(60)や大相撲の横綱・稀勢の里(32)ら一流有名人に愛されるお寿司屋さん。2軒目は精肉店直営の焼肉店。東に「肉はオスとメス、どっちが好き?」と尋ねられて黒田は戸惑う。他には包丁店や創設30年のアニマル浜口ジムへ。

 他にはメッセ−ジャー・あいはら雅一(48)、アシスタントに小芝風花(21)が出演する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年8月1日のニュース