須藤理彩 20年ぶり朝ドラ出演「久しぶりに戻ってきた実家のよう」

[ 2018年4月28日 05:30 ]

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」で20年ぶりに朝ドラに出演する須藤理彩
Photo By 提供写真

 女優の須藤理彩(41)がNHK連続テレビ小説「半分、青い。」に出演することが27日、同局から発表された。

 朝ドラ出演はヒロインを務めた98年前期「天うらら」以来20年ぶり。ヒロイン(永野芽郁)がアルバイトをする「100円ショップ」のオーナー3姉妹の末妹役。「20年前の今頃は、このスタジオで生きていたんだなぁーと、久しぶりに戻ってきた実家のように、しみじみ空気を感じながら楽しく撮影に励んでいます」と話した。また、斎藤工(36)が映画監督役で出演する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年4月28日のニュース