TOKIO城島、対面時の山口は「涙も枯れ果てた様子」本人から謝罪も「あきれていた」

[ 2018年4月28日 07:08 ]

無期限謹慎処分となったTOKIOの山口達也 
Photo By スポニチ

 TOKIOのリーダー城島茂(47)が28日、MCを務めるテレビ朝日「週刊ニュースリーダー」(土曜前6・00)に生出演。自宅マンションで女子高校生に無理やりキスをするなどしたとして、警視庁に強制わいせつ容疑で書類送検され、無期限謹慎処分となったグループメンバーの山口達也(46)と26日の謝罪会見後に対面した時の様子を明かした。

 レギュラー出演者の石原良純(56)から「この件を最初に聞いた時はどう思いました?」と聞かれた城島。「5人でレギュラー番組の収録が終わって、楽屋に集まって着替えていたら、山口だけいなくて変な空気だったんです。“どうしたの?”ってなったら、現場のマネジャーさんが“実は…”と。そのマネジャーさんも詳細は分からなくて」と、メンバー4人が事件を最初に知った時の様子を明かした。

 国分太一(43)は27日放送のTBS「ビビット」(月〜金曜前8・00)で、城島、山口と会見直後に3人で会ったこと告白。城島は「本当にちょっとした時間だったんですけど、あの会見以上に憔悴しきっていました。涙も枯れ果てた様子」と山口の様子を説明し、「国分には謝罪していたと思うんですけど、僕は一歩引いて、話を聞くというよりはあきれていましたね。本人は『ごめん』と言ってきましたけど」と厳しい言葉を並べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年4月28日のニュース